2018年11月29日木曜日

酔拳最強説!?酔えば酔うほど『フォース』な話

タケムライトです、

今日の話はちょっとマニアックな
ネタになるかもです。

そう。

で、なんていうかなー

やはり面白い話というのは
ふっと力が抜けた雑談中に
ひょっこり顔を出すものですよね。

それで何を言いたいかというと、
ぼく的に、「あ、この話面白いな!」
と思ったのがあって。

それは、このブログでも何度も紹介している
『僕たま弥勒ツアー』中に出て来た話なんですけどね。

今日はその話を紹介しようと思いますね。

それでは早速いきたいと思います。



ツアー2日目、
うしちゃまがドライバーで
神社仏閣への移動中のことだったかな。

その車中にて、チャールズさんがこんな話を
チラッとしていたのが印象的だった。

「格闘技の中では、酔拳が最強なんですよ」

「え、酔拳ですか?酔拳って…あの酔拳が最強?」

って、たしかこんなことを話してたんですよね。

ちがったかな?(若干うる覚え)

これはたぶんどういうことかというと、
酔拳はフォースを使っているから
最強っていうことだったと思う。

他の一般的な格闘技はエネルギーを
使って戦っている。

フォースとエネルギーは全く別次元の力なので
やはりフォースの方が勝るということだろうか。

っていうか、フォースとエネルギーって言っても
いきなり今日の記事を読んでもわからないですよね(笑)。

なので、以前の記事に少し説明してあるので、
こちらを見て見てください。

言葉にできない!!ほど楽しかった『ぼくたま弥勒ツアー』
(エネルギーとフォースの違いについて)

まぁ、酔拳のことなんて全然よく知らないけど、
とりあえず思い浮かぶのは、

ジャッキー・チェンの『酔拳(ドランク・モンキー)』

もしくは、

バーチャファイター2に出てくる

『舜帝(しゅんでぃ)』

ぐらいだ(笑)。

酔拳の達人『舜帝(しゅんでぃ)』

バーチャファイター2の設定では、
1912年1月2日生まれの82歳。

中国生まれの酔拳の達人である。

なんとこの舜帝

趣味は飲酒で、職業はなんと漢方医らしい(笑)。

それで、酔拳の達人である舜帝が
どんな戦いをするか参考までに
以下の動画を見てほしい。

いかに変則的でトリッキーな動きを見せるか
おわかりになるだろう。



「飲めば飲むほど強くなる!」

じゃないですけど、

腰にぶらさげている酒を飲むたびに
攻撃力や使える技の数が増えていき、
どんどんパワーアップする。

しかも、真剣勝負の最中に
肘をつき寝っ転がる余裕の構え!


まるで、おじいちゃんがお正月に
退屈しのぎにテレビ番組を見ているかのようだ。

そして、相手に勝ったら勝ったで

「今日は酒がうまいわい」

ってさぁ、とにかく酒・酒・酒!

でもこの舜帝、めちゃめちゃ強いのである!

とりあえず、闘争心みたいなものが
全然見受けられない、超リラックス状態。

戦っても全然疲れる様子なし。

(それはゲームだからか笑)

相手の攻撃もひょいっ、ひょいって

かわすかわす!!!!

まぁ、これはあくまでゲームの話だけど、
イメージね、イメージ!

実物の酔拳の達人とか見たことないし(笑)。

でも、よくよく調べてみると
リアルの酔拳だとお酒は飲まないらしい・・・

「え?おいおい、酒飲まねーのかよ!なんじゃそりゃ!!」

ってツッコミ入れたくなった(笑)。

まぁ、本物の酔拳はフォースを使うので
戦っても全然疲れないらしいんですよね。

普通は呼吸が乱れてゼエゼエ、ハァハァ息が切れ
汗びっしょりになって疲労するもの。

それもこれも、原動力が
エネルギーかフォースかによってまるで
異なってくるというのがポイントなのかな。

でも、フォースを使える時は、
トランス状態に入ってるとも言えるのかな?

トランス状態=入神状態

って言うしね。

まさにフォースと共にあらんことを
って感じですよね。

この状態の時がもっとも人としての
パフォーマンスを発揮できるということだろうか。

酔拳はそれがデフォルトで使える
っていうのが他の格闘技と一線を画す
っていうところなのだろうか。

まぁ、僕はそっちの世界は全くわからないので
いつかチャールズさんにまた詳しく聞ける
機会があればいいな。

でも、フォースって言っても、
たぶんそんなに特別なことではないと思うよ。

例えば、「楽しい時」っていうのは
たぶんフォースを使える状況下に置かれてる。

楽しい時っていうのは、全然疲れないし
一瞬で時間がすぎてるように感じますしね。

ツアー中は楽しくてまさに全然疲れなかった。

疲れない、といえば!

この弥勒ツアーに参加する当日、
朝まで仕事してたので、一睡もしてなかったんですよね。

だから、「途中で寝たらヤバイ!」と思って
禁断のアイテム「強強打破」を事前に使っていたのでした。



これは徹夜で頑張る時に使う「眠眠打破」の
強化版みたいなものですかね。

「これだけは使ってはいけない」

と、使用をためらっていたのですが・・・

が、しかし!

ツアー中に万が一寝落ちしたら
非常にもったいないと思ったので
人生初の使用を試み参加に望んだ。

でも、

今思えば、これは使わなくても
大丈夫だったかもしれない。

なぜなら、めっちゃ楽しくて
寝るどころではなかったから!

結局2日目の朝4時すぎまで、
朝まで生トークしてしまったし!

で、

その後おのおの就寝タイム…。

そして、数時間後…

床に入るのもつかの間!

元気一杯のみこちゃんに
みんな起こしていただいたのは
言うまでもない(笑)。

という感じで、最近はエネルギーではなく
フォースを使ったもん勝ちだなということを
深く意識するようになりました。

別に誰かと勝負するわけでもないですが、
できることなら疲れしらずで伸び伸び生きたい。

フォースはフリーWi-Fiみたい感じで、
パスワードさえ知ってれば誰でも
いくらでも、どこでも使えるような
画期的なエネルギー。

いや…

もはやパスワードさえ知らなくても使えちゃう
空港とかにある公共のWi-Fiみたいなもんかな!

この話ももっと体系化して話したい
重要テーマだよな〜。

だからどんどん遠慮なくフォースを
使っていきたいと思う今日この頃。

で、今日もだいぶ長文になっちゃんで
ここらへんで終わりにしたいと思います。

それでは今日も1日

フォースと共にあらんことを!!



ってな感じで、

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

それではまた〜!

2018年11月27日火曜日

胸アツ来たよ!!伏見稲荷大社

タケムライトです、

今日は『僕たま弥勒ツアー』2日目、
伏見稲荷大社に言った時の思い出を
少しだけ語ろうと思います。



ここは、京都市の伏見区深草にある神社。

昔はシンプルに稲荷神社と呼ばれてたらしい。

なんでも、全国に3万社あると言われる
稲荷神社の総本山で、近畿地方では
最多の参拝者を集めるそうな。

僕は神社の事はよく知らないんですけど、
神社が好きな人にとってはここは
是非とも行っておきたい場所の1つらしい。

この日は11月18日の日曜日ということもあり
もうめちゃめちゃ人で賑わっていたよ。

車2台で行ったけど、
あまりの人の多さに驚愕!

神社の近くにいい駐車場がないか
少しの間あたりをウロウロすることに。

でもやはりどこの駐車場も満車で、
なかなか停められなかった。

こういう時は、普通イライラしがちだけど
運転手の「うしちゃま」はツアー中、
決してイライラすることはなかった。

なぜなら、

うしちゃまの半分はバファリン説

が最有力候補にあがっているからである。

これはどういうことかというと、
通常、人は半分以上は水で出来ている
と言われるのをご存知だろうか。

が、しかし!

うしちゃまの場合はまるまる半分が
バファリンで構成されているらしい。

言わずもがな、バファリンの半分は
やさしさで出来ている。

おのずと、うしちゃまも、
やさしいということになる。

それはつまり!

うしちゃま=やさしい

という最終結論にいたった…

車中にて(笑)。




そんなやさしいうしちゃまが、
チャールズさん開発の言霊を
痺れを切らしてついに発動した。

「私は神として駐車場に車をとめます」

https://youtu.be/TbVdMlQaSTw

(「私は神として○○します」の詳細はURLをクリック!)

と。

そしたら、序盤で駐車スペースが
全然見つからなかったのに、
難なく車をとめることが出来ました。

面白いですね、この言霊(笑)。

そんなエピソードからはじまった
伏見稲荷大社への道。

で、僕にはわかりませんが、
この近辺はすごい結界が
張り巡らされているみたい。

こんなに人でごったがえしているのに
空気が澄んで清らかなのはすごいと思った!

場の空気もそうだけど、何より
来ている人の心が清らかっていうも
関係あると思う。

楽しさ、嬉しさ、喜ばしさ、
可笑しさ、ありがたさ、

こういう感情で満たされていることが
何にも勝るお清めではなのかもしれない。

まぁ、写真を改めて見てみると、
清々しさが伝わってくるなぁ。


















まさに今回の弥勒ツアーは
清めのエキスパートみたいな方々が集ってるので、
存在自体でオートマチック浄化!みたいなところは
あったんじゃないかなと思うけど!(笑)。

いやー、この日は天気も晴れ晴れしてて実に
爽快気分でツアーを堪能しましたね〜。

そういえば、ついつい写真に撮りたくなるような
雲を発見したので、1枚とってみたんですよ。

最初、その形を見て「龍かな?」と
思ってたんですけど、

撮った写真を見てビックリ!

めっちゃフォルムが「狐」の雲だったよ!




わかりますかね?

右側が狐の横顔のように見えるんですよ。

耳と目と口の形がくっきり見える…

これって僕だけそう見えるのかな。

いやー、「狐」に似てると思うんだけどな〜(笑)。



はい!

と、いうわけで、ツアー中の雰囲気が
少しでもあなたに伝えられたら幸いです^^

あくまで僕視点なんで、あんまり神社仏閣の深い話とかは
書けないですけど、とりあえず行くとこ行くとこが
楽しかったです。

続きはまた書きますね〜

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

それではまた!


2018年11月26日月曜日

考えるんじゃないよ、感じるんだよ。わかるかい?

タケムライトです、

今日は『僕たま弥勒ツアー』解散後の
アナザーストーリーについて書こうと思います。

一泊二日の濃厚ツアーの後も、
実はいろいろ面白いことがあったんですよね。

Qさんが開催するセミナーイベントは
こういうアフターにこそ醍醐味があると言える。

今回も、二次会・三次会は言うまでもなく
開催する流れに。

参加者は、Qさん、チャールズさん、
うしちゃま、よっこちゃん、僕、
そしてパリコレ帰りのMっちである。

ここでの、場の雰囲気もめっちゃよくて
終始たのしいトークで盛り上がる。

中でも、Qさん十八番の
某実業家のモノマネがめちゃ面白かった!


って言うか、ものすごい似てた!(笑)。

本当は、3分間ほどの秘蔵VTRがある…

が、しかし!誠に残念なことに、
絶対に秘密にしなければならないのである!

なぜなら、Qさんのモノマネが
あまりにも某実業家にそっくりで
一部からクレームがきたことがあるらしい。

クレームくるってどんだけや!(笑)。

まぁ、モノマネが全然似てなかったら
そういう反響はこないであろう。

そういうわけで、
写真しか公開できないけど、
爆笑が起こっていたのは間違いない。

しかもこのモノマネ、弥勒ツアー初日に
奈良に向かう時もやっていたんですよ。

しかも運転しながら(笑)。

運転しながら某実業家の激似モノマネ公開中
隣の席にいたよっこちゃんをはじめ、
僕もあまりのクオリティの高さに
大笑いしてしまったよね!

後部座席から。

モノマネっていうか、
あれはもはや憑依してたよね!

…憑依(笑)。

もう完全に鉄板ネタ、あれは。

そんな話をしながら二次会は大いに盛り上がったなー。




そして、ここのお店のお肉がまた
格別!めっさ美味しかったよ!

肉厚ジューシー!旨味が凝縮された
肉汁がジュワジュワ滴り落ちてたよ。

そういえば、チャールズさんは、
「肉を食べるなら赤身の肉」
っていうことを話していた。

その話を聞いてからというもの、
僕の咽頭あたりから

ゴクリッ…

と生唾を飲む音が
とまらなかった…

と、そんなことを健康に
めちゃ詳しいチャールズさんが言うものだから、
ちょうどアフターは赤身の肉を食べたいと思ってた。

そんなところに〜ッ!

赤身の肉、降臨!!


網の上に降臨!赤身肉!!

もう言うことないわな〜。

もう最高や〜。

うまかったな〜。

大阪にきたらまた行きたい所。

そんな和んだ場の雰囲気の中で、
Qさんは突如するどい質問を僕に浴びせてきたよ。

「どや?どや?」

みたいな感じで(笑)。

結構唐突に質問されたし、
即答できないような質問でしたね。

そして僕が、

「う〜ん、う〜ん…どうでしょうね〜…」

と、答えに窮していた。

そしたらよっこちゃんが、

「考えるのよ、感じるの!」

と助言をさしのべてくれました(笑)。

これはまさに、

「Don’t think. FEEL! 」



ブルース・リーの「考えるな、感じろ」

の通りですね。

さすがよっこちゃん!

会話の流れに絶妙なアクセントをつけてくれました(笑)。

よっこちゃんは普段から話声が、
心地のよい音楽を奏でるような
話し方をするお方。

トークのリズムとかも抑揚がついてて
めっちゃいいです。

僕は聴覚タイプなんで、
その人の話す声で相手を
認識するようなところがあります。

そういえば、声といえば、
Qさん、みこちゃん、まるさん、
よっこちゃんは相当いい声をしている。

声ってすごい大事。

Qさんがいい声してるから、
いい声がいい声を呼ぶのだろうか(笑)。

来月も『弥山ツアー』と『大浄化祭 〜空の儀』で、
このいい声メンバーとお会いできる機会がある。

来月はこのいい声をしたメンバーと
また一体どんな話ができるのだろうか。

12月は絶対胸アツ月間、間違いなしやな。

大浄化祭の告知もいよいよ
昨日スタートする運びとなった。

12月30日『大浄化祭 〜空の儀〜』新宿にて開催
http://ishidahisatsugu.com/daijouka/

僕たま弥勒ツアーでも
公開厳禁のどえらいことが起こった。

大浄化祭でもどえらいことが
起きるのは一応承知してる。

だけど、弥勒ツアーにしても
大浄化祭にしても、内容が盛りだくさんすぎて
言語化がおいつかないな〜(笑)。

まぁ、いいや。

とりあえず書けるところまで
文字に残しておこう。

というわけで、
今日はこのへんにしたいと思います。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました〜^^


2018年11月25日日曜日

風は幸運を呼び、幸運は風に呼ばれる

タケムライトです、

先日は、うしちゃまの名言の話に触れました。

「人生はな、青春か青春じゃないか、
そのどっちかしかないんや!」

と、

「ネイビーが似合うっていうことはな、
お前がカッコエエっていうことや!」

の2つでしたね。

さすがうしちゃま!

大阪弁がしっくりきています(笑)。

そして、今日はもう1つ、
『僕たま弥勒ツアー』中に僕が耳で拾った
名言をご紹介したいと思います。


名言というのは、
何気ない普段の会話から
ポロっと口から飛び出すもの。

言葉は形がないので、
飛び出した瞬間にキャッチしないと
おっことしてどこかへ消えてしまうのです。

で、言葉は「言の葉」と書きますよね。

だから、人の口から出る言葉は
木でいうところの葉っぱみたいなもの
だと思うんですよね。

その葉っぱの中でも、ひときわ光り輝く
言の葉、それが名言だと思うのです。

また、

人間の体はよ〜く見ると、
木の幹から枝が伸びたような形をしています。

口から飛び出す言葉は葉っぱ。

この2つを合体させると
まさに「木」のようになります。

つまり、普段どういう言葉を使っているかで、
あなたがどういう木になるのかが
決まるのかもしれない。

たかが葉っぱ
されど葉っぱ

まぁ、葉っぱって言っても、黄色いイチョウの葉とか
赤く燃える紅葉の葉とかってすっごい綺麗ですよね!



美しくて綺麗な葉っぱはついつい
拾ってしまいたくなるもの。


そういえば僕も昔、キレイな葉っぱを拾っては
それを大切にクリーニングして、
本に挟むためのシオリにしてみたことがあったなぁ。

なんども見返して、
その美しさに触れていたいから
とっておきたいっていうのかな。

それが、僕の中の「名言」の位置付けです。

そう。

そんな名言が、弥勒ツアー中の車中にて
生まれるのでした。

それでは、前置きはここまでにして、
早速名言をご紹介したいと思います。




その名言とは、ズバリ!

「幸運は風が呼んでくるから」

です!

これは、弥勒のみこちゃんが
さりげなく言った言葉ですね。

話の前後は何話してたか忘れましたけど、
運転中のうしちゃまに熱く力説していた時の
言葉だったと記憶しています。

目的地へ向けて、笑顔と笑いの絶えないドライブ満喫中

みこちゃん:
「幸運は風が呼んでくるから〜」

うしちゃま:
「へ〜、そうなんや〜」

ライト:
「おぉっと!今なんて言いました?
もう一度お願いします!」

と、慌てて僕は

「one more please!」

という感じ。

そしてiPhoneにメモ!

こうしないと忘れちゃいますからね。

で、これもなかなか深いですね。

この短いフレーズの中に
宝の地図に匹敵するヒントが隠されています。

風は幸運を呼び
幸運は風に呼ばれる

風と幸運は、とっても親しい間柄なんでしょうね^^

そういえば、みこちゃんは、セミナー中でも
風に関することをよく話していました。

ここでいう風とは、要するに
部屋の換気をよくするっていうことですね。

セミナー中でも、
「お水さま」「お塩さま」と合わせて
必ず部屋の換気の話をよくしています。

人生に行き詰まりや、
問題や悩みを抱えている時、

その根本的解決法の1つとして、
「部屋のそうじ」がシンプルで効果絶大。

難しいテクニックは一切不要!

誰でも簡単にできる1分でできる
問題解決法が「そうじ」なわけです。

その中の1つが部屋の換気
というわけですね。

まずは論より証拠!

ということで、どれくらい効果絶大かを
物語っていたハッピーな体験談が
みこちゃんのブログで紹介されていました。

聞いてるこっちがほっこりハートフル♪
換気で歓喜の胸アツ体験エピソード
これすごいですよねー。

報告される方ももちろん幸せでしょうし、
報告されるみこちゃんも本当に嬉しそう!

そして、第三者的に読む、
僕までなんだか幸せな気分を
おすそ分けしてもらってる(笑)。

ほんと、みんなハッピーになってるなー。

それと、

「幸運は風が呼んでくるから」

に、とても似ている名言で、

「換氣は歓喜を呼ぶよ」



っていうのがあるんですよね。

この2つは同じことを
違う表現で言ってるんだと思います。

やっぱり幸せとか、運気っていうのは
どうも風の流れが関係してるみたいですね。

換気をちゃんとすると、僕の場合だと
数時間後か、遅くても当日中に何かしら
必ずいいことが起こります。

この前なんか、勢い余って
エアコンのフィルターと換気扇を
がっつり掃除しましたからね!

もう風通しめっちゃよくなって気分爽快!

ここまでやったことは人生で一度もないけど、
換気は歓喜の威力は肌で実感してるからこそ
やってみようと思ったんですよね。

フィルターのそうじとか
いっつも面倒でやらなかったんですけど。

でも、あえてやってみた(笑)。

もうめっちゃスッキリしたー!

そしたら、

案の定、僕にとっての良いこと勃発!

人によっては、臨時収入だったり、
いい情報が舞い込んできたり
パターンはそれぞれ。

僕の場合は圧倒的に
「人との縁」という形で
良いご縁に不思議と結ばれます。

最近はもう本当に素敵で魅力的な人たちのご縁に
恵まれていて、楽しい経験をさせてもらってます。

やっぱ、一番インパクトのあったご縁といえば、
Qさんとみこちゃんとの出会いですね!

このご縁がきっかけで、

2018年下半期が加速度的に
こんなにおもしろいことになるとは
思ってもみなかった〜!(笑)。

右サイドのイラストは、神業イラストレーター「まるさん」の作品

そうそう。

風といえば、人間関係の「風通し」も
とっても大切ですよね。

近過ぎず、遠過ぎず、

そして、適度な距離感を保つこと。

お互いのパーソナルスペースが
適度に保たれていれば、その間に
心地のいいそよ風が流れる。

その風は必ず幸運を
運んできてくれるのかもしれない。

だから、人間関係でも、お部屋でも
とにかく風通しを常によくすることを
心がけています。

そうすると、勝手に人生は
どんどん楽しくて楽になってくる気がする。

そして、この二人の間には、
まだまだ風に呼ばれて幸運がやってくるのだろう。

Qさん、みこちゃん、風に吹かれて今日もゆく!

おそらく、

・12月15日・16日の『弥山ツアー』
・12月30日の『大浄化祭 〜空の儀〜』

この2つのイベントの後は
とってもすがすがしくて、
心地よい風が流れるのだろう。

その風がまた新たな幸運を呼びこむ。

最近、その風の流れが早くなって
渦がドンドン大きくなっている気がするよ。

これはきっと、来年もその渦は
さらにさらに大きくなっていくってやつですね。

一体どうなういう展開になっていくのか楽しみだ^^

はい!

という感じで、

今日も最後まで
長文をお読みいただき、
ありがとうございました。

それではおやすみなさい〜。


2018年11月23日金曜日

「人生はな、青春か青春じゃないか、そのどっちかしかないんや!」

タケムライトです!



最近ぼくは、ブログ上では「ライト」という
ネーミングで活動していました。

が、しかし!

いつしか周りから、

「タケムライト!」

と呼ばれるようになりました。

僕の苗字は「竹村」なので、

タケムラ+ライト=タケムライト

と、呼び名がいつのまにか合体してたのでした。

弥勒のみこちゃんがなぜかそう呼び出したので、
だんだん周りもそう呼び始めるという現象が。

弥勒のみこちゃんの影響力、おそるべし!(笑)。

でも、とっても評判がいいです!
ネーミングありがとうございます^^

なので、もういっそのこと
タケムライトと名乗っちゃおうかなと思います。

はい。

という感じで、今日は昨日の続きを
淡々と書いていきたいと思いますね。

昨日は、夜会の第二部、チャールズさんが
話してくれた、興味深い話をシェアしましたっけ。

それで、今日はその2つ目にいきたいと思います。

それはずばり、「人生」という
テーマについてでした。

チャールズさんは基本的に
何事にも動じず、いつもリラックスして
淡々としてる印象だったんですよね。

でも、口を開く時は必ず
鋭い角度で、どこか確信めいた、
そして重みのある語り口調で話始めるんですよ。

一言一言が、ほんと鋭いんですよねー。

チャールズさんからは、水とスピリッツの話とか、
古い歴史の話とか、エネルギーとフォースの話、
ヒーラーとエゴの話とか、実に興味深いことを
教えてくれるのでした。

他にも、

「えっとー…え?てか、
なんでそんなこと知ってるんですか
チャールズさん!Σ(・□・;)」

と、驚くことも多々ありました。

まず、長屋のおばちゃんの井戸端会議では
絶対でてこないようなトークを淡々と繰り広げるのです。

とにかく話すこと話すことが
面白すぎて、引き出しの数は未知数。

話のネタはきっと最低でも無尽蔵。

いやー、ほんと経験豊富な肩なんだなと思いました。

で、前置きが長くなってしまいましたが、
チャールズさんがしみじみ語っていたことが
まさに「人生」というテーマについてだったんですよ。

チャールズさんが語ってくれた
僕の心に響いてしまったことは、こんな話だった。

「人生っていうのはね、
年をとればとるほど楽になっていくものなんですよ」

20代・30代の時は悩みも多いし、
辛い時期を過ごさなければならないことも多い。

僕もそうだった。

だけど、年をとればとるほど人生は
どんどん楽になってきて、楽しくなってくるんですよ。

今、僕は楽しくて楽しくてしょうがないんです^^」

と。

一言一句までは覚えていないけど、
たしかこんなニュアンスのことを
話してくれたのは覚えている。

確かに、僕はまだ30代だけど
20代の頃は我ながら辛い時期を過ごしていたと思う。

今思い起こせばよく生きていたなと思うし(笑)。

器用な生き方なんて知らないし、
訳も分からずとにかくガムシャラになって
精一杯生きるしかなかった。

そんな感じだったよね。

だから昔に比べれば、どんどん肩の力が抜けて、
どんどん楽になってきてるっていうのは
なんとなく実感できている。

チャールズさんも今でこそすっごい
幸せそうだし、楽しそうだけど、
若い頃は相当苦労してきたのだと思う。

何より、誰もが決して乗り越えられるわけではない
大病の克服というのを経験しているのだから、
それは想像を絶するものなのだろう。

これは僕の持論になってしまうんだけど、
ひときわ明るく輝いて生きてる人は、
その逆の経験もちゃんと通ってきた人だと思うんですよ。

陰と陽じゃないけど。

深い闇を知ってるからこそ
光として生きることの尊さみたいなのを
肌で実感できてると思うんです。

昔から、どうもそんな気がしてならないんですよね。

だから、明るく楽しく生きてる人に出会うと
僕はとても感慨深く感じてしまうのです。

そういえば、最近、

僕が知る中でもっとも自由に生きて
楽しく生きてる人と言えば、
やっぱりQさんだろう。

とても45歳には見えないほど、
バイタリティに溢れてて、めっちゃ自由を満喫してる。

今回のツアーだって、

「こんなに楽しそうな40代の人、見たことないよ!」

って感じ。

しかもめっちゃ肌艶がよくてピカピカしている。

瞳がとっても若い。少年のような眼差し。

「青春や!」

っていっつも言ってるし(笑)。

Qさんとかなり親しい「うしちゃま」も

「人生はな、青春か青春じゃないか、そのどっちかしかないんや!」

的なことを、ノリノリで運転しながら言ってた気がする(笑)。




青春か青春じゃないか、突き詰めれば
人生はその2択しかない

って…

これは深い!(笑)。

確かにこのツアー中のドライブは
まさに「青春」そのものだったよなー。

めっちゃ楽しかったし。

あ、そういえば、うしちゃまは
他にもこんなカッコイイことを言っていたよ。

「ネイビーが似合うってことはな、
それはつまりお前がカッコイイってことよ !」

って。

なんか話の流れとか
誰に対して言ったのか忘れたけど、
たしかこんなこと言ってたよ(笑)。

ネイビーが似合う=カッコイイ

こういうシンプルな法則があるのだろか。

あ、ネイビー…?

ネイビー…

ネイビー…

ネイビーと言えばこのお方!!



後ろ姿は基本ネイビー!



前から見ても基本ネイビー!



そして、スーツ姿(スプライト)もネイビー!

ネイビー
ネイビー

ネイビーと言えばQさんが基調としているカラー!

とってもネイビーがしっくりきて似合っています。

うしちゃまの話からいくと、

ネイビーが似合う=カッコイイ

ネイビーが似合うQさん=カッコイイ

Qさん=カッコイイ!

とういうことになるよな〜…

うしちゃま、これを言いたかったのかな〜?

とか、

こんな妄想がふと頭がよぎったからには
一応書いておく!(笑)。

そういえば、弥勒ツアー中ずっと
Qさんはネイビーの作務衣(さむえ)を着ていた。



お寺に入った時も、
他の作務衣を着た職員と同化していた。

たぶん、職員の人も

「あれ、うちの職員であんな人いたっけ?」

と、ちょいちょいざわついていたのではないかと思う。

「え、いた?いないよね?」

「いやー、OBが遊びにきたんですかねー」

「ここに30年つとめてるけど、わしは知らんな〜」

「でもめっちゃ馴染んでますよ!」

「もしかして派遣の職員?新人?」

「新人にしては妙に自信ありげにスタスタ歩いてる!」

とか、そんなことをひそひそ話していたりして(笑)。

っていうか、僕もちょっと
間違えそうになりましたからね!

遠目で見ると。

ちょっとした団体の先頭をきって
前を歩くんだからねー、
完全にお寺を案内する職員そのもの!

まぁ、本物の職員とQさんを見分けるのには
腕章をつけてるかつけてないかの違いぐらいしかなかった…。

一般の人はこない秘密の場所
あとダウンコートか(笑)。

まぁ、それはいいとして、
Qさんも僕ぐらいの年齢の時とは比べ物にならないぐらい
楽しい人生を歩んでいるという感じ。

その一環で、

本もベストセラーになったり、
普通じゃない普通のOLみこちゃんを
プロデュースして大成功。

11月には「僕たま弥勒ツアー」を開催、
12月には「弥山ツアー」を開催、
12月30日には『大浄化祭 〜空の儀〜』を開催、

それに加え、ブログも書いてるし、
ユーチューブもやってるし、
セミナーも毎月やってるし、
来年の2月にはチャールズさんの
セミナーやるみたいだし…

うーわ、すごい活動量だ!

めっちゃ面白いことをとっさに考えて
実現してしまう当の本人が1番楽しんでいる感じ。

しかも来年、2019年、ハンパねぇことが起こるって
言ってたんだけど…

一体なんなんだ?

ハンパねぇことって一体なんだんだぁぁー!!

という気持ちをグッと胸に秘め、
2019年、今から楽しみにしています^^

という感じで、Qさんも年をとるにつれて
どんどん人生が楽になって
楽しくなっているんだろうと思いました。

今年もそうだけど、みこちゃんをはじめ
またこれからもいろんな人を巻き込みながら
人生を楽しんでいくのだろう。

ひょんなことからプランが持ち上がった
Qさんと、うしちゃま、みこちゃん、そして僕とで
しまなみ海道サイクリングの旅が実現したら
めっちゃ面白いだろうなー。

でも、みこちゃんがチャリンコ乗るの想像できん!(笑)。

と、そんなことを考えていたら
今日もまた日付が変わってしまいました。

それでは今日はこのへんにしておきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

おやすみなさい〜。

2018年11月22日木曜日

ガチンコ魂トーク!戸惑いの破顔一笑

ライトです、

弥勒ツアーでどえらいことが起こりました…

その直後!

Qさんの戸惑いに思わずみんな破顔一笑!

詳細は以下の画像をクリック!(本人了承済み)

0分39秒でQさんまさかの覚醒!!



いやー、なんとなく雰囲気が伝わりましたでしょうか。

こんな感じで、Qさんは例の語らいの後、
興奮と混乱さめやらぬ状態になりました。

確かに、あの時は片時も
目も耳も話せなかった。

僕も全身全霊で話に集中したのだった。

これはあれだな、

懐かしいけど、昔はやってた
『真剣10代しゃべり場』って覚えてますかね?

10代が真剣にガチトークをするやつ。


これをさらに濃度を濃くして
公開厳禁にした感じですね(笑)。

年齢層も幅広くて、20代から70代まで
といった感じ。

ほんと、マジでガチのしゃべり場だった。

魂と魂が共鳴しあって繰り広げる、
ガチンコ魂トークっていう感じかな。

あれはあの日、あの時、あの場所で、
あのメンツで、あの席順だったからこそ
生まれた人間ドラマ。

全てが奇跡的なつながりをもって
織り成された言霊のハーモニーだった。

でも、内容は言えないっていうね(笑)。

しかも、もはや再現できないのです。

ただ、真実の人が真実を語ってくれた
ということだけは忘れないよ。

ありがとうございます。

もうほんと、その時の映像は目に焼き付いている。

まぁ、そんなこんなで
だいぶ刺激的なものとなった夜会は
夜の1時くらいに一旦閉めることになりました。

みんな、そろそろ寝る時間ということで、
各々自分の部屋に戻っていったのでした。

Qさんもここで離脱となります。







がっ、しかし!!

チャールズさんがそこで

「まだまだこれから、始まったばかりですよ」

と、ポツリと言い放つのでした。

「よっ!待ってましたチャールズさん!」

と心の中で言わんばかりに!

僕とうしちゃま、あっきー、
そしてみこちゃんがその場に残りました。

奇跡の部屋番号311にて語らい続行!!







で、1時くらいから第二部がスタートして
朝の4時過ぎまでその語らいは続くことに。

その間、

チャールズさんが淡々と
面白トークを炸裂するのでした。

淡々と(笑)。

そもそもチャールズさんは
今まで会った事のない方だった。

Qさんからいろいろエピソードを聞いたくらい。

だから、実際にお会いするのを楽しみにしていたのだ。

それが叶ったってだけで嬉しい!

で、初めて会った時の印象は、
やっぱり瞳が物語っていました。

なんていうかな、
慈しみの眼っていうのかな。

慈愛に満ち溢れていて、
いかにも幸せそうな感じ。

僕がパッと連想したのは、
メガネを外した時の
小林正観さんみたいな感じ。

小林正観さんも冗談が好きな人だったけど、
チャールズさんもかなり面白いことを言う方だった。

それで、

チャールズさんは過去に
相当いろんな体験をしてきたみたい。

大病の克服、個別指導塾の代表などなど。

そして今は、

金沢兼六園商店街の玄関口にある
109年つづく老舗、九谷焼の「九谷巴」の
5代目をつとめているらしい。

今は経営者という立場みたい。

で、

チャールズさんは今回のツアーで
たぶん2〜3回ぐらい

「仕事が楽しくて楽しくてしょうがないんですよ」

と言っていたと記憶している。

ツアーに参加するために、
お店を誰かに任せていたのかは
わからないけど、

2日目のアフターの時も途中、
誰かから電話がかかってきて
チャールズさんはすごいニコニコしていた。

とりあえずすっごい楽しそうだったから
本当に楽しくてしょうがないんだと思う。

あぁ、これが商いは飽きないってやつか!

「楽しくて、商いは飽きない!」モードに突入してるんだ!

と、ふと頭をよぎった(笑)。

とにかく、もうほんとお店が
すごい繁盛しているらしくて。

チャールズさんが不在でもお店が
繁盛するような状態になっているということかな。

たぶん、

これがチャールズさんの言う
『繁栄の法則』が関係してるからなんだろうか?

これは、ちまたにあるような
マーケティングとかセールスを
使わない方法らしいんですけど
かなり興味深いですよね。

それで、仕事熱心なうしちゃまが
チャールズさんの話を聞いて
めっちゃメモっていたのが印象的だった。

「おぉー!これはほんま凄いですね!
ありがとうございます!」

と言いながら、光の速さで
メモをとっていた。

さすがうしちゃま!

うしちゃまはそもそもお客さんからも
好かれそうなやさしい人柄の持ち主。

そんなうしちゃまがこれを実践したら
商いは飽きないモードに突入するんだろうか(笑)。

来年のうしちゃまの繁栄っぷりが今から楽しみ^^

それで、お話の中で僕的に印象的だったのは2つある。

まず1つ目が、「そうじ」に関することだ。

例えば、お店に商品としてコップがあったとする。

このコップを「ピッカピカ」に磨くと
なぜかそのコップは不思議なくらい
早々に売れちゃうらしい…。


「えぇっ!まじっすか!?」

と、うしちゃまは光の速さで
たしかメモをとっていた(笑)。

僕もこういう話はすごい聞いてて面白くて楽しい。

こういう語らいってほんと最高ですよ。

実際に、チャールズさんのお店「九谷巴」では
めちゃめちゃ商品とかピカピカに磨かれてるんだろうなー。

そういえば、「そうじ」と言えば、
Qさんがこんなことを言ってたんですよね。

「みこちゃんとチャールズさんは
本質的に同じことを言ってるんだよね」

と常々言っていた。

そう、

二人とも、そうじの重要性を
独自の表現で言い表しているみたい。



もっと言うと、

チャールズさんは「除霊」
みこちゃんは「浄化」

こういう切り口なんだけど、
本質的には同じことなのかな。

今年、12月30日開催の

『大浄化祭 〜空の儀〜』

では、この二人が独自の
除霊・浄化法について公開してくれることになっている。

みこちゃんは浄化をさらに進化させて
『空間美浄化』っていう完全に
上位互換ものを披露してくれるのだそうだ。

この二人が伝えてくれる浄化法、
本当に当日楽しみだな〜。

それで話をもどすと、
チャールズさんが話してくれた大切なことで
もう1つ心に響いたものがあったんですよね。

それは…



と、

話を続けようと思ったんですけど、
もう日付変わってるので、
やっぱり今日はここでおしまい。

続きはまた明日ですね!

今日もお読みいただき、
ありがとうございました^^

それではおやすみなさい〜。

2018年11月21日水曜日

言葉にできない!!ほど楽しかった『ぼくたま弥勒ツアー』

ライトです、

先日、世界一行きたい『弥勒ツアー』に
ついに行ってきました!

11月17・18日のことですね。


かねてから、このツアーは何かが
起きる感をひしひしと感じていました。

だって、みこちゃん自身も

「何かが起きる!!」

ってずっと予言?みたいなものをしていたし(笑)。



そう、

結論から言うと、理解の範疇をこえる
どえらい事は起こってしまった。



「とにかく、何かわからんけども、
どえらいことが起こっているんですよ!!」

と、興奮気味に叫ぶことになる
ツアー初日のQさんはまだ記憶に新しい。

何かが起こるとはなんとなく感じていたけど、
いざ蓋を開けてみれば予想以上の
どえらい現象連発ツアーでした。

とにかくめっちゃ面白かった。

「今回は今までの中でも、ほんと伝説ですね」

というフレーズが何度も何度も
参加者の中で飛び交う事になった。

でも、内容としては書けない
ことが結構多いんですよね。

ただ、

話してもいいところだけをとってもこの2日間、
内容が濃すぎて一体どこから話していいのやら。

とりあえず、1回では伝えきれないので
何回かに分割してブログを書いていこうと思います。

時系列ではなく、思いつくまま
ランダムにいきたいと思います。

それで、ざっとツアー全体の流れとしてはこんな感じだった。

【1日目】
奈良方面へ車で向かい、法隆寺、中宮寺に。

夜は信貴山観光ホテルにチェックインし、
入浴、夕食、そして夜会へ突入(朝の4時すぎまで)

【2日目】
京都方面へ向かう。
伏見稲荷大社、三十三間堂、広隆寺へ。

17:00に新大阪駅で解散し、
そして、反省会という名の二次会・三次会へ突入(笑)。

いやー、ほんとなんて言ったらいいかな。

この2日の間に、
カルピスの原液がうす〜く感じるような、
そんな濃ゆい内容が盛りだくさんだったんですよ!

まぁ、弥勒のみこちゃん、
チャールズさん、宇宙のQさん、

この3人が濃ゆい方々なのは間違いなくって…


でも、一緒に参加したメンバーがこれまた
濃ゆかったんですよね。

旅を続けていくにつれ、一枚一枚
そのベールが剥がされていきましたし。

途中で、

「あ、このメンバーみんな濃い!
参加者全員濃いメンだ!」

ということに気づくことに。

だから、濃いメン同士が一同に会するわけですから、
もはや何かが起きない方がおかしい(笑)。

まぁ、いろいろあったんですけど、
印象に残ってるものから語っていくことにしますね。

とりあえず1日目、ホテルで食事を済ませた後に
夜会をスタートした時はすごかった。

ちなみに部屋の番号は「311」

この数字を見て、僕的には、

×11=33

という図式がずっと頭に浮かんでたんですよね。

33は、ソウルナンバーだったら
最強の数字と言われているものらしい。

ちなみに、ちょっと気になったので
自分のソウルナンバーを計算してみることに。

僕の誕生日は1984年5月18日なので
この数字を全部足したら、

1+9+8+4+5+1+8=36

と言う感じで、36になります。

この36をまた足して

3+6=9

(何気に369笑)

こういう感じで、自分の生年月日の数字を足して
ソウルナンバーを導きだしていくみたいです。

なので、僕のソウルナンバーは9になります。

こういう何の変哲も無いように見える
数字ですけど、数秘の世界では、
1つ1つの数字にかなり深い意味があるとのこと。

それで、みこちゃんは最強の33らしい。

芸能人でいったら、福山雅治とか
深田恭子さんですね。

33は、「宇宙人」とか「観音菩薩」とか、
「無償の愛で癒しを与えるスター」表されます。

規格外に器が大きく、無償の愛で他者を助け
非常に愛情深い人っていう感じ。

そして、人類のことや宇宙のことなど、
大きいスケールで物事を考えるような人みたいです。



っていうか、

まさに宇宙といえば、Qさん、
観音菩薩といえば、みこちゃん!

まさにイメージ通り!(笑)。

いつも「今ここ」を最高に楽しみながら、
スケールの大きいことを考えていますからね。

33は面白い数字ですね。

(※Qさんは33ではない)

そして、チャールズさんも、部屋の番号と
「場」に関する興味深いお話をされていた。

311…

そもそも、この番号の部屋にみんなが
集まる予定ではなかったんですよね。

旅館の女将さんとQさんとの
ボタンの掛け違いみたいなやりとりの末、
ようやくこの部屋に流れ着いたという感じでした。

さすがにそのプロセスは端折りますが(笑)。

まぁ、部屋番号の話はいいとして、
こういう環境が整った上で
夜会がスタートしたのでした。



まぁ、日中の観光について語らいつつも、
後々、忘れられないことになるトークが
ここから怒涛に繰り広げられるのでした。

まさに笑いあり、感動の涙ありと、
いろんな感情が交差することに。

一人一人のストーリーが行き交う
人間ドラマが目白押しといった感じ。

「あぁ、マジで来てよかったなぁ〜」

そんなことを心の底からしみじみ感じた。

こういう語らいができて本当によかったなと。

これはきっと、あそこに集ったメンバーは
同じことを感じたのではないかと思う。

ある意味、非日常的なひとときだった。

でも楽しかったから、一瞬で終わって
しまったような感覚でもあるんですよね。

うーん、実に不思議だった。

それで、とても勉強になったことが
あったので1つここでシェアしたいと思います。

それはチャールズさんのお話でした。

実践デモンストレーション中

チャールズさんは、「エネルギー」と「フォース」
の違いについてワークを通して教えてくれました。

エネルギーとフォースは、和訳すると
どちらも「力」という意味になります。

でも、同じ力でも、
この2つは全然別次元のものみたい。

エネルギーとは、「E = mc2」

のことです。

エネルギー (E )= 質量 (m) × 光速度 (c )の2乗

という式で表されます。

エネルギーには質量があるということ。

その一方で、フォースは
この質量をともなうエネルギーに
なる前の状態ということになるそうです。

フォースには質量がない。

それで、人間が活動する時には大きくわけて
この2つの「力」を使っていくみたい。

人間は、質量があるエネルギーをもとに
活動するとだんだん疲れてくるのだそうです。

いわゆる、「必死に頑張る」とか、
「苦労し、努力する」とかですよね、

そういう時は自分一人の力を使っていくので、
いつか限界がきて、疲れてくるわけです。

やがて疲弊して、無気力になることにも
繋がるでしょう。

これとは反対に、フォースは全く
別次元の力になります。

フォースは、いわゆる宇宙から
とくとくと湧き出る無限の力を
自分を通して使うので全く疲れないのだそう。

エネルギーは有限、フォースは無限

なので、フォースを自由に使えるようになると
どんどん人生が楽しくてラクになっていくとのこと。

それで、このフォースを使うには
どうしたらいいかというと、
入り口としてはいろいろあるみたい。

僕的解釈もまじってますが、
たぶんこんな感じ。

・感謝をしている時
・嬉しい時
・楽しい時
・愛に生きてる時
・好きなことをしている時
・好きな人と一緒にいる時
・大志を抱いた時
・人のために力を使う時
・言霊を使う
・チャールズ式呼吸法

などなど。

好きなことをしていたりとか、
楽しい時っていうのは
やっぱり全然疲れないですよね。

ああいう状態の時は、エネルギーではなく、
フォースを使ってるってことになるのだと思う。

自分が有限のエネルギーを使っているのか、
無限のフォースを使っているのかで
人生はかなり左右されそうなものです。

だから、意識的にこのフォースを自由自在に
使えるようになると、ものすごく楽しくて
幸せな毎日を送れそうな気がしますね。

例えば、みこちゃんとQさんなんかは
まさにフォースをバンバン使っていると思う。

弥勒菩薩のマネみこ中

「楽しみこ☆★」

が口癖のみこちゃんは
「今ここ」をいつも楽しんでいる。

だから、たぶんフォースを使っている気がする(笑)。


「オモロイことしようや!!!!」

が口癖のQさんも同じく楽しく生きてるので、
オート・フォース状態の時が多いと思う(笑)。

ちなみにこのフォースという言葉は、
スターウォーズに出てきますよね。

この映画に出てくるヨーダの名言で
このようなものがあります。


参照:https://matome.naver.jp/odai/2145085038745206601

「フォースと共にあらんことを」

と。

これは、英語では

「May the Force be with you」

なるみたい。

でも本当は、

「May the God be with you」

という英文を言い回してもじったものらしいのです。

なので本来は、

「神と共にあらんことを」

という意味なるみたいですね!

そう、

つまりこういうことです!

(詳細は以下の画面をクリック!)


もしかしたら、この最強の言霊を言うことで
フォースに繋がることができるという
ことなのかもしれません。

なるほどなー。

自分の中でも結構腑に落ちました。

そういえば、チャールズさんは
ツアー中でもたびたびこんなことを
言っておられました。

「仕事が楽しくて楽しくてしょうがないんですよ」

と。

これってたぶん、個人的に思うんですけど、
めっちゃフォース使ってるってことじゃないですかね!

さすがチャールズさん!

やっぱほとんどの人は、人生の8割は
何かしら仕事をすることになりますが、
その仕事自体が楽しいって素敵ですよね。

こういうことをお話してくれる人に
出会ったこと自体がすごい貴重ですし
ありがたいことです。

こういう話がどんどん続いていくわけですが、
まだまだ面白い話があったので、
覚えてる限り書きたいと思います…

が!

もうそろそろ寝たいと思うので
続きはまた明日にしたいと思います。

おやすみなさい〜!